「公務員専門塾 勇気」について

指導方針

「目標:公務員試験合格」

~社会に出て活躍できる能動的な人材を育成~

「公務員専門塾 勇気」は、公務員試験に合格することを目的とした塾です。

そのためには、様々なクリアすべき課題や自分の弱点を塾生自ら理解し、共に段階的な計画を立て、共有していきます。そして、塾生が試験合格後も社会に出たときに自ら考え、計画し、自ら行動していく能動的な人材への育成につながっていくと考えています

~ 現状の問題点 ~

 ●公務員合格という目標はあるが自分の今の課題がわからない。

   -結果、努力の方向性を間違えてしまう

   -結果、致命的な弱点を残したままになってしまう

 ●目標に向かっての段階的な計画が立てられない

   -結果、努力が継続しない

   -結果、成長を実感できず気持ちが落ち込む

~ 学習サイクル ~

 分析 … 自分の課題や弱点の理解

       ↓

 方針 … 取り組むべき方向性の決定

       ↓

 計画 … 成長を実感できる計画づくり

       ↓

 実行 … 実際に行動に移す

       ↓

 評価 … 計画の達成率の確認

       ↓

 改善 … 計画の再設定

塾生と共有し明確な道筋で徹底フォロー

塾生自ら考え、計画し、自ら行動していく能力の土台が育つ

1.洞察力  2.計画性  3.実行力  4.主体性

特徴

❶成長を実感!「公務員専門塾 勇気」の<学習サイクル>

 この画像は学習のPDCAサイクルと言えるもので、これを用いて塾生たちは、現段階での課題や弱点を理解し、解決のために何が必要かを自分で考えます。

 また、共に計画を立てていくため、無理のない段階を踏んだ計画づくりができます。

 よって、自分が学んでいることに対しての意識付けがされるため、計画の達成する前と後での違いを感じ取ることができ、それにより塾生自ら学習面での成長を実感することができます。

集団指導×個別指導!少人数制だからできる<ハイブリット授業>

素晴らしい学習サイクルを作っても、指導方法を間違えては塾生の成長にはつながりません。

 大手塾のような大人数の集団指導では、塾生一人ひとりに目が行き届かないため、結果的に講義は聴くだけの状態になってしまいがちです。一方、個別指導塾のようにマンツーマンレッスンのみだと、手取り足取りの指導になってしまって、勉強は教わるだけのものだと誤認してしまいます。

「公務員専門塾 勇気」では、全員に目が行き届くよう少人数制の集団指導で競争心を刺激し、モチベーションを保ちつつ、塾生それぞれの理解度に応じて一時的に個別指導に切り替えるなど臨機応変に対応していきます。

❸一方通行にならない!<状況に応じた授業進行>

 どんなに質の高い授業をしても塾生が理解できなければ何の意味もありません。最近では、通信講座による公務員試験対策もありますが、通信講座は理解度を確認しながらの進行が出来ないため、つまずいてしまった場合の対処が難しく、結果的に通信講座を辞めてしまうなどの状況に陥りがちです。

 「公務員専門塾 勇気」では理解度を確認し、状況に応じた授業進行を心がけています。

キーワードからコースを探す

© 公務員専門塾  勇気