検索

【5限目】過去問から学ぼう

更新日:2020年12月23日

皆さんこんにちは。

『公務員専門塾 勇気』です。

今回の【5限目】は、令和2年度の試験に実際に出題された【特別区職員Ⅲ類】の試験問題のうち、判断推理と呼ばれている問題を解説をしていこうと思います。


来年度以降、受験を考えている方などは是非参考にしてください。

それでは行ってみましょう。


【5限目】

問題

A~Eの5チームが、総当たり戦で野球の試合を行った。今、試合の結果について、次のア~エのことが分かっているとき、確実に言えるのはどれか。ただし、勝率は(勝ち数)÷(勝ち数+負け数)で計算し、引き分けは計算には入らないものとする。


 ア:Aの勝率は7割5分であった。

 イ:CとDの勝率は5割であったが、勝ち数は異なった。

 ウ:DはBに負け、Cに勝った。

 エ:Eは3敗1分けであった。


① AはCに勝った  ② Bは勝率が1位だった  ③ Cは2勝2敗であった  

④ DはEと引き分けた。  ⑤ EはBに負けた



ヒント

条件イに注目してみよう。

同じ勝率で勝ち数が異なる場合は「引き分け」がカギを握ってるよ!



解説

今回から動画解説のみとなります。

↓動画解説

【過去問解説】令和2年 特別区Ⅲ類 判断推理〈リーグ戦〉~公務員専門塾 勇気 5限目~ - YouTube



閲覧数:63回0件のコメント

最新記事

すべて表示

皆さんこんにちは。 『公務員専門塾 勇気』です。 今回の【27限目】は、令和3年度の【東京消防庁Ⅲ類 消防官】の採用試験にて実際に出題された問題のうち、判断推理〈論理〉と呼ばれている問題の解説をしていこうと思います。 高校生や専門学校生・社会人の方で、来年度以降の受験を考えている方などは是非参考にしてください。 それでは行ってみましょう。 【27限目】 問題 数枚のカードがある。このカードについて

皆さんこんにちは。 『公務員専門塾 勇気』です。 今回の【26限目】は、令和3年度の【東京消防庁Ⅲ類 消防官】の採用試験にて実際に出題された問題のうち、数的推理〈年齢算〉と呼ばれている問題の解説をしていこうと思います。 高校生や専門学校生・社会人の方で、来年度以降の受験を考えている方などは是非参考にしてください。 それでは行ってみましょう。 【26限目】 問題 両親と子ども2人の4人家族がいる。今